施術は比較して決める

女医

さまざまな施術法から探す

ただのむくみ程度の症状が原因なら、マッサージをしたりおしぼりをあてたりしていればすぐに治せます。それ以外の筋肉や骨格が原因の大顔では、民間療法でできる治療はほとんどありません。ゆえにきちんと小顔治療をしようと考えたら、美容整形に頼るほかないはずです。ただし小顔整形の費用は保険が適用されないため、受けるとなるとそれなりの出費を覚悟しなくてはいけません。さらに整形外科ごとの料金設定もまちまちなので、確認せずに施術すると損をする場合もあります。加えて美容整形の種類ごとに金額がはっきり違うことからも、施術ごとに料金を確認しておくことが必要です。美容整形の費用は、美容整形の情報を取り扱っているサイトで確認できます。特にランキングサイトなら費用が安い美容外科の情報がすぐにわかるので、時間をかけずに費用をチェックすることも不可能ではありません。なお小顔整形は、外科手術でおこなう物とプチ整形では料金が大幅に違います。また使う器具や薬剤次第で追加料金が違ってくるので、そこも忘れずに確認しておきましょう。顔を小さくする治療でもっとも高いのは骨を削る外科手術で、平均100万円を超えるケースも珍しくありません。逆に最も安い物では、脂肪溶解注射の一回あたり4,000円から5,000円が最安値とされています。いくら値段が安いからといっても、すぐにその施術を受けようとは考えないでください。顔の大きい原因は人それぞれのため、安い施術方法が必ずしも自分に適しているとは限らないからです。たとえば脂肪溶解注射であるBNLSは、脂肪を溶かして小顔にする施術のためそれ以外の原因の大顔にはあまり効果がみられません。しかも一回当たりの費用が安くても、複数回受けなくては効果が出ないためトータルでかなり高額になる可能性もあります。こんな事情もあるので、一概に安いからといって飛びつくのはやめておきましょう。また骨を削ったりプロテーゼを埋め込んだりする外科手術の方も、金額が高いからといって必ずしも良い結果が出るとも限りません。やはりこちらも顔のタイプに合わなければ、効果は限定的にしか出ないとみるべきです。そこを無視して施術をしても、結局はお金の無駄になる可能性が高いでしょう。美容整形は、値段の高さや手術の難易度が必ず効果や満足度につながるとは限りません。当然ながら患者の顔のタイプと希望にうまく適合しなくては、良い結果につながらないでしょう。そこを診断してうまくマッチングさせるのが担当医の仕事です。したがって施術を受ける際は、カウンセリングをしっかり受けたうえで自分の顔のタイプに合った小顔の施術を受けるようにすることが大切です。