気になる施術内容について

顔に触れる女性

クリニックで受けられる

小顔ブームとも呼ばれる程、希望される方は多いと言われています。小顔になる事で全身のバランスが良くなり、顔だけでなく身体の美人度を向上させることができます。小顔整形と一言で言っても種類は複数あります。脂肪が多いとどうしても顔が大きく見えます。体脂肪を落としても顔の脂肪が落ちないという方もおり、その場合の施術としては脂肪溶解術が多く行われています。顔は全身と比較すると脂肪が少ない部位と言えます。一度に脂肪をとると痩せこけた印象になる事から、薬剤をピンポイントで注入して脂肪を取り除いていく方法です。脂肪が原因ではなく、エラが張っている事で大きく見える場合はボトックス注入が施術内容として主流になっています。以前はエラ骨を削る手術が一般的でしたが、2009年に認可されてから切らない整形として徐々に人気になってきています。エラが張っている原因が咬筋の発達である事も多く、その場合効果的です。薬剤を注入する事で筋肉を徐々に痩せさせていく方法です。徐々に効果が現れるので、周囲に整形した事がわからないメリットもあります。頬骨やあご先が張っているタイプでは骨削り術が行われます。骨削りの場合は状態が落ち着くまで一定の期間が必要になります。その間に頬がくぼんで見える場合などはヒアルロン酸注射をしてふっくらとさせるケアも行われます。顔は人の印象を決める大切な場所です。余分な脂肪がある事で顔が大きく見えたり、たるみの原因になったりする事もあります。美容整形外科などで行われる脂肪吸引は、余分な脂肪を取り除きシャープで若々しく、小顔に見せる効果が期待できる施術方法です。施術方法ですがメスで切ったりする事はなく、カニューレと呼ばれる管を挿入して脂肪を吸引していきます。挿入跡が小さくなるように使用されるカニューレは非常に細いものが使用されます。挿入箇所は部位によって変わりますが、目立つ場所から挿入する事はありません。頬なら耳の後ろ辺りなどであり、手術の際は部分麻酔が使用され痛みに対する心配はありません。施術時間は内容により異なりますが、1部位20分ほどが目安と言われています。脂肪吸引では上記の様に体内に管を挿入するので、施術を受けた後に内出血や腫れが起こる可能性もあります。これらを抑える為には術後からのケアが重要になります。ケア内容としては術後からの期間によって変わり、ダウンタイムという施術前の状態に戻るまでは1ヶ月ほど必要です。術後間もなくはキレイに仕上げる事や内出血を抑える為に吸引した部位を圧迫固定します。腫れが治まったら徐々にマッサージを行い脂肪吸引した部位が拘縮しない様に予防します。マッサージは皮膚の回復を早めるのに必要であり、方法はクリニックから指導されたり通って受けたりする事もできます。以上の流れや手法で小顔を目指せます。